【悲報】音楽専門学校の先生さん、キッズ思考の生徒にブチギレ「好きな音楽はボカロ!アニソン!全部Youtubeで聴いてる!」

アニメ・ゲーム

ユーフォ

1: 5月18日


音楽専門学校の講師を激怒させた「あまりにも酷い生徒レベル」

都内在住のK氏は、フリーランスの音楽プロデューサーとして活動するかたわら、現在、某音楽系専門学校で音楽理論、音響、録音、編集などを教えている。業界の大物から直々に「講師をしてくれないか」と頼まれ、渋々この仕事を受けたというK氏。生徒に関する予備知識がまったくないまま初回の授業に行き、大きなショックを受けたそうだ。

「初回はとりあえず『今後、どういうことを教えていくか』ということを説明し、ビートルズ、マイケル・ジャクソン、坂本龍一などを例に挙げて、彼らがいかに革新的であったか、レコーディングにどんな技術が使われているのかといったことを話しました。

しかしとにかく反応が薄いので、一人の生徒にどんな音楽が好きなのか尋ねると、私が聞いたことのないアーティストの名前が返ってきたのです。誰なのか尋ねると、『ニコ動の歌い手です』とのこと」

念のためK氏が別の生徒にも同じ質問をすると、その生徒はアニソンの歌手の名前を次々と挙げたという。もちろん生徒がどんな音楽を好むかは自由。しかしK氏が驚いたのは、音楽レベルの“格差”だったという。

「教えることが何もないぐらい音楽知識が豊富な子がいる一方で、『カラオケの点数が良いから歌手になろうと思った』『ゴールデンボンバーみたいになりたい』というだけで、楽譜が読めない生徒や、楽器が何もできない生徒もたくさんいました」

その専門学校には入試の類は一切存在せず、入学金さえ払えば誰でも入学できるので、そのようなことになってしまうのだ。そしてある生徒の発言に、ついにK氏はキレてしまったそうだ。

「生徒の中に、生まれてから1枚もCDを買ったことがなく、1曲たりともダウンロードをしたことがないという人がいました。つまり人生で1回も、お金を払って音楽ソフトを買ったことがないのです。私が『じゃあ音楽を何で聴いてきたの?』と尋ねると、『YouTubeです』と堂々と答えました」

その発言に、「これまで人生で音楽に1円も使ったことがない人間が、どうして音楽で食べていけると思うのか!」と、怒りを爆発させてしまったK氏。その生徒は自分がなぜ怒られているのが分からないといった様子だったものの、K氏がこれまで手掛けたアーティストの顔ぶれを知ると、その眼差しは尊敬へと変わり、今ではマジメにK氏の話に耳を傾けているそうだ。
引用元:マネーポスト
https://www.moneypost.jp/278747

5: 5月18日
了見が狭いなぁ

6: 5月18日
老害

8: 5月18日
まあ時代だよ そんなやつも居るだろ
つうか音楽聴きたいならアルバムCD一律3000円出さんと聴けなかった時代の方がおかしいと思います

12: 5月18日
こんなことやってからアメリカに遅れを取るんだよ・・・

15: 5月18日
楽譜読めないのは流石に草

19: 5月18日
アニソンとボカロしか聴かないって最低だろ

17: 5月18日
音楽教える奴が音楽に優劣つけるなよ

20: 5月18日
くだらね
怒られた生徒がかわいそう

18: 5月18日
この講師JASRACの手先じゃね?

16: 5月18日
この記事自体がジャスラックの啓蒙活動臭い

続きを読む

Source: アニはつ -アニメ発信場-