オール沖縄共同代表「翁長知事は安倍政権による辺野古の工事強行に殺された」

ニュース

1 : :2018/08/09(木) 08:24:31.76 ID:9BnyCJCe0●.net BE:844481327-PLT(13345)

沖縄県の翁長雄志知事が8日午後、亡くなった。「辺野古に新基地を造らせない」と公約を掲げ、世論を背景に保革を超え構築された「オール沖縄」の象徴だった。がんを患っても、信念は揺るがなかった知事は4日に病室で面会した県幹部に、辺野古沿岸の埋め立て承認の撤回について「自分でしっかりやりたい」と意欲を示していたという。

(省略)

翁長知事は再入院する3日前の7月27日、新基地建設阻止に向け、「美しい辺野古を埋め立てる理由はない」と埋め立て承認の「撤回」を表明したばかりだった。その姿を思いながら「県民にとって大きな痛手。支えるべき人がいなくなった。支えが消えた」とがくぜんとし、「辺野古の工事強行に殺された感じがする」と話した。

(省略)

全文
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/296088


続きを読む

Source: まとめたニュース