【速報】 日本政府、サヨク市民団体の銀行口座を一斉凍結という超愉快展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 中国政府からの金銭支援を受けていた ヤ バ す ぎ る 証拠をご覧ください!!!

海外

中国人民解放軍「日本の核武装阻止のために日本国内の反核勢力に経済的支援をすべきだ」

1: ダイビングヘッドバット(静岡県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 14:17:29.28 ID:5306sKei0 BE:762376718-PLT(12000) ポイント特典.net

中国人民解放軍内部文書「日本国内の反核勢力支持」を主張

7月の参議院議員選挙で、非改選を合わせて自民党を含む改憲勢力が3分の2を占めたことで、中国は安倍政権の憲法改正の動きに警戒を強めている。
そんななか、ジャーナリストの相馬勝氏は「日本では右翼勢力が台頭しており、近い将来、核武装に踏み切るのではないか」などと予測する中国人民解放軍の内部文書を入手した。

(中略)

文書は最後に、日本の核武装に対する今後の対策として、日本の核問題の動向を密接に見守りつつ、国連を通じるなどして日本の核武装についてあらゆる手段を通じて反対するとしている。

昨年10月の国連総会では、中国の傅聡軍縮大使が「日本が保有する核物質は核弾頭千発以上に相当する」と指摘したうえで、
「核セキュリティーと核拡散の観点から深刻なリスクを生んでいる。(プルトニウムや濃縮ウランなどの核物質)所有量は正当な必要量をはるかに超えている」と批判したが、傅大使の発言も中国側の日本の核武装阻止対策の一つといえそうだ。

さらに、阻止対策として、文書で注目されるのは「日本国内の反核勢力の支持」という言葉だ。
「日本国内では反核の立場と発言力は一定の社会的基盤を築いている」として、「民間の反核組織に適当な支援を提供すべきだ」と主張。
これは、中国政府が国内の民主化問題などで、海外勢力を批判する際、必ず持ち出す「内政干渉」に当たるのは明らかだ。

文書では、日本の民間組織に経済的支援をすべきだと主張しており、外交的な常識が欠如していると批判されても、抗弁できないだろう。
gwelhhdae

以下ソース
http://www.news-postseven.com/archives/20160831_438093.html

21: フェイスロック(dion軍)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 14:25:16.25 ID:oGlxaqvX0.net
反核勢力の資金源は中国って言われてたけど証明しちゃったのかよ
16: ときめきメモリアル(茸)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 14:24:25.65 ID:H0dkuy600.net
いやいやずっと支援してきてるの常識ですが?
旧社会党とか一切隠してなかったしな
http://amzn.to/2bKoxFd

引用元: 中国人民解放軍「日本の核武装阻止のために日本国内の反核勢力に経済的支援をすべきだ」

続きを読む

Source: あじあにゅーすちゃんねる-政経芸能・中韓・海外ニュース-