【僕のヒーローアカデミア】105話ネタバレ この女の子・・・まさかトガちゃん!?

アニメ・ゲーム

トガ


僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ) 第105話 感想・ネタバレ

ヘルメットが外れているお茶子 合流する為声出したら他校に狙われるので冷静慎重にスニークウラビティ
デクの目の前でベラベラ喋るお色気士傑女子  こういう乱戦だと情報の多い所を狙う発想をする奴が居るから
早くに雄英が落ちてしまう事を考えて会いに来たと言う あなたたちの事もっと知りたいと言う
ボールを投げられ 避ける際に一瞬目を離したデク 視線を戻すと目の前から消えるお色気女子
突如背後に現れボール持った手で殴られる 間一髪避けてボールを投げ返そうとするデク
また消えたお色気女子 そしてまた後ろに現れた
『消える個性だと思ってる? 私はタダ隠れてただけだよ』

デクを後ろから捕縛するお色気女子 
個性では無くタダの技術だと言うお色気女子 相手の目と耳から私の存在を逸らす その瞬間息を止めて何も考えず潜みまぎれるのよ 何も考えずが難関よ

次はお色気女子の質問
『貴方は何でヒーローを志してるの?名誉?誇り?誰かの為?』『あなたの事がもっとしりたいな』

無理やり引きはがすデク そこへ他校の攻撃が

大勢集まって最悪の状況に成りそうなので逃げる事に

その先にはお茶子 『こっちに!はやく!』と手を差し伸べる

その声で他校の生徒が集まって来た お茶子が焦り崖から落ちる

デクは考えていた
あの時闘う事を選び腕を壊した
壊さなければかっちゃんを奪い返せていたかもしれない
奪い返せていればオールマイトとオールフォアワンは闘っていなかったかもしれない
あの時洸太君を保護し相澤先生の元へ敵よりも早く駆けられていれば!
足を中心に使って鍛える もう少し早くたどり着くべきだった

お茶子をキャッチするデク 
人を助ける為には自分が無事で居る事 身体が追いつくまでは100%は使わない
その代わりにアイアンソールにはギミックが 
強い衝撃を与えた瞬間にその威力に応じた速度でブローバックの様な動きをする
(ガン!じゃなくてガガン!って感じに威力を上げる)

敵達の足場を崩し 隠れる二人

様子をうかがうデクの背後から襲いかかろうとするお茶子 それに気付いていたデク

『ひょっとして士傑の人ですか?』

気付いて助けたと言う事は逆に利用すたの?と言うお色気子さん

その姿のお茶子はヘルメットをしている 
そしてその瞬間溶けはじめるお茶子

デクはそこまで頭が回って無かったがあのまま落ちてたら確実に背中を痛めていた

『——・・!なるほど・・・それが君の理由何だね・・・もっと教えてほしいな君のこと』

デク頭の中『試験の後じゃ・・・・ダメなのか!?』

897: 2016年9月1日(木)
隠れただけなら一瞬で消えないわな
瞬歩みたいな使い手?

896: 2016年9月1日(木)
お色気さんはトガちゃんに似てる気がする

898: 2016年9月1日(木)
つーかトガちゃんがお色気さんに化けてるんじゃないの

899: 2016年9月1日(木)
ミスディレクションさんか

901: 2016年9月1日(木)
良かった・・・やっぱりあのお茶子は偽物だったか

903: 2016年9月1日(木)
あんな筋肉モンスターからガキ連れて逃げられるわけない
無意味な仮定にも程がある

904: 2016年9月1日(木)
いやこれ確実にトガちゃんが化けてるって

905: 2016年9月1日(木)
つまり、試験の後でゆっくりデートしましょう、と。

906: 2016年9月1日(木)
血をチューチューした相手の姿に化けられるのなら
お色気子はトガが化けてる可能性あるね

907: 2016年9月1日(木)
偽お茶子のきょとんとした表情かわええ

続きを読む

Source: アニはつ -アニメ発信場-