【マギ】320話ネタバレ ジャーファルの説得も聞く耳持たず・・・

アニメ・ゲーム

ジャーファル


マギ 第320話 感想・ネタバレ

アルバ「シンドバッド様。今が聖宮へ赴く最後の好機です。」
シンドバッド「どういうことだ?例の件のことか?」
アルバ「はい…ソロモンの知恵の代用に耐えうる聖宮の鍵を用意する件ですが…
その鍵を使うならば今しかないのです!」
シンドバッド「どういうことだ?」
アルバ「鍵は金属器です!私は金属器を利用すればら聖宮への扉を無理矢理こじ開けることは可能だと考えていました…
なぜならば、金属器はそもそも人と神を繋いでいた神杖が素です!
加えてマグノシュタット上空に開いたままの世界の穴!そして何よりも、ダビデ様と同調する第一級特異点たるあなた様の存在!
さらに、私が千年間蓄えた莫大な量の多魔力さえあれば…聖宮へ行ける!
しかし、アラジンとの戦いで、私とアルサーメンが魔力を消耗し…」
シンドバッド「もういいよ」
アルバ「えっ!?」
シンドバッド「大体、俺が特異点かどうかも怪しいしな」
アルバ「いいえ、あなた様は特異点です!ダビデ様の声が聞こえるのだから!
しかし今は声が聞きづらくなっているのでは?それはあなた様が人の枠を超え、ダビデでもシンドバッドでもない大いなる存在になりつつある証拠です!
そして聖宮へ辿り着きさえすれば…あなた様は運命を完全に見渡せる!運命の書き換えさえできる、ルフの管理者となるのです!
私たちの残りの魔力でも儀式は行えます。成功の確率は100に一つ…しくじれば私もあなたも跡形もなく消えてしまうでしょう…
しかしやるなば今です!国際同盟から今後さらに離脱が出れば、私たちの手元にある金属器の数が減ってしまう…だから…
命を懸けて…やりますか!?シンドバッド様!」
シンドバッド「アルバ。100に一つなのに今あえて俺に挑戦を強いる理由はなんだ?」
アルバ「………」
シンドバッド「千年魔女の余裕が失せたな。アラジンに力を奪われ、今生で決着をつけねばならないと見える。かわいそうに…
お前も相当追い詰められてるな」
その言葉を聞き姿を消すアルバ

バドル「家族を守る為なら命を懸けて戦う」
かつての父の言葉を思い出すシンドバッド

ジャーファル「会長!」
シンドバッド「ああ、ジャーファルか。なんだ?」
ジャーファル(?夜半に身支度を?)
「進言いたします。煌帝国の国際同盟離脱を阻止するべきです!
今すぐ紅玉帝に頭を下げてください!レームと煌が手を組めば、あなたが生涯を懸けて築き上げたものが無になりかねない…
国際同盟の、七海連合の、この世界の結束を…取り戻してください!」
シンドバッド「…無駄だよ。」
ジャーファル「!?なぜです!?まだ時間はある!煌帝国が国民投票を行ったり、新たな通商条例を各国と結ぶ前に…」
シンドバッド「そうじゃない。世界全体が俺の見てきた運命とは違う流れに身を投じようとしている。今の平和も国際同盟も…
100年後、1000年後にはなくなり、再び戦争が起きるだろう」
ジャーファル「100年後、1000年後…!?」
シンドバッド「国を作り、同盟を作り、世界中を平和ないいものにしようと、俺たちは昔皆で誓ったな。だがこのやり方では…俺たちの死後の遠い未来まで守るのは無理だ」
ジャーファル「遠い未来…?」
シンドバッド「だから俺は最後の手段で世界を根本から作り変えようと思う。
成功の可能性は低く、俺は死ぬかもしれないが…後のことは頼むぞ。…ジャーファル?」
ジャーファル「あんたは…何を言っているんだ?世界を作り変えるる死ぬかもしれない方法で?遠い先の運命が不安だから?
情けなくて涙が出てくるよ。私の主がこんなに弱い男だったとは」
シンドバッド「…おい」
ジャーファル「最近のあんたは馬鹿みたいに遠くばかり見てる。100年後、確かに同盟はなくなり、戦争が起きてるかもしれない。
でも、そんなこと、知ったことじゃない。
それは100年後の人間が正すべき未来だ。
私たちのように、誓いを持って立ち上がる奴らが出てくるだろう。
でもそれはあんたの分身でも、子供でも、部下でもない。この先全部自分が守るって?
見失ってるなら教えてやるよ!
あんたっていう人間はなあ…王の器だよ…!
国や商会の長で精一杯。でもそれでいいじゃないか!平和を築いた。私たちは夢を叶え終えたんだ…自分の限界から目を背けるな。
築いたものを後の者に任せることに、怯えるな…「今」から逃げるな!シンドバッド!!」
シンドバッド「…………その、なんだ…よく知った昔からの仲間にそこまでハッキリ言われると……目が覚めるもんだな。そうだな…
俺は神の器じゃない。せいぜい王の器、商会の長の器だよ」
ジャーファル(わかってくれた)

シンドバッド「それでもやるんだ。アルバ、行こう聖宮へ!!」
迷いのない表情でアルバと共に聖宮へ向かうシンドバッド

確かな絆を持つ、仲間の思いとは裏腹に!!?次号、聖宮の謎と、シンドバッドの心情が明かされていく!!

348: 2016年12日(月)
ジャーファルが説得ノルマを果たしてもやっぱり聞く耳持たないおじさんだった…

349: 2016年12日(月)
おじさんはほんとうにマダオなおじさんだなあ
結局、ジャーファルがおじさん止めるにはおじさんを物理的にコロコロするしか道はなかったという

350: 2016年12日(月)
まぁ出来ないだろうと悟ってもやっちゃうって失敗フラグということで十分なんじゃないか
ここまで来ると翻意する方が違和感あるわ

351: 2016年12日(月)
シンドバッドがラスボスなのかどうかわからないけど、シンドバッド(ラスボス)の目的が正真正銘の世界平和なのが本当にマギらしいね
ただそれが100年先、1000年先まで実現させようというのが彼の傲慢なわけで

352: 2016年12日(月)
なんつーか
前々から思ってたけどおじさんの究極の逃避行動だよな
思い通りにならないから駄々と屁理屈捏ねてる子供というか

354: 2016年12日(月)
ジャーファルの説得も全く効かずか
おじさんさようなら

358: 2016年12日(月)
ジュダルが鍵じゃなかったのか
じゃあどこにいんだよ、あいつw

360: 2016年12日(月)
ジャーファルの説得でも無理だったかー…
アラジンも紅玉もジャーファルもシンドバッドも言ってること分かるっつうかまぁある意味正しいわなって思うのがマギらしい

363: 2016年12日(月)
ジャーファルやっと役割果たしたと思ったら…
そういえば無謀なことにチャレンジするの大好きだったな、このおじさん
まぁ人って根っからの性格そんな変わるもんじゃないし

ジュダルとか本当出番なさそうだから最終戦あたりに白龍と突然乱入してアルバ戦リベンジとかかね

364: 2016年12日(月)
一応説得自体は効いて、神になってーなんて感じじゃなくなったってことかな
聖宮へいくのもアルサーやダビデを倒すため、みたいな感じにみえる

366: 2016年12日(月)
>>364
もしそうなら嬉しくて叫び泣きするよ。あまり期待はしないでおくけど。

376: 2016年12日(月)
>>364
自分の身の程は神になれないのはわかったけど、やりたい事はやる(結果神を目指す)感じだろう

adcropsjs_params={“site_id”:13314,”type”:”rectangle”,”interval”:30,”rand”:0,”target_ad_area”:”adcrops_js_ad_area_474285742407″}

adcropsjs_params={“site_id”:13315,”type”:”rectangle”,”interval”:30,”rand”:0,”target_ad_area”:”adcrops_js_ad_area_474285742408″}

続きを読む

Source: アニはつ -アニメ発信場-