【刃牙道】130話ネタバレ 武蔵の金重・・・切れ味悪くね・・・?

アニメ・ゲーム

刃牙


バキ道 第130話 感想・ネタバレ

■武蔵の刃が本部の肉体を捉え…!?

金重が短剣ごと本部の腹を裂く。
思わず固まる本部。
目の前の光景に観客達も固まっている。
クルッと回し刀を収める武蔵。

『斬った……!!!』

じわ…と本部の腹部から血が滲む。
頬の傷を触り、手に付いた血を見る武蔵。

武蔵「派手に切り裂かれたが」
「むしろ『気付け』になった」
「『鉄拳』ではなく 素手だったら」
「今も昏倒したままだったかもな」
「なぁ 本部」

固まり続けている本部。

武蔵「『鎖帷子』か」

ナレーション:
鎖帷子
鎖で作られた帷子(着物)
上半身を斬撃から防護(まも)る防具

時代劇『忠臣蔵』で知られる―――
赤穂浪士の討ち入り事件
討ち入る 四十七士
全員が鎖帷子を着用

元禄15(1703)年 12月14日深夜
怨敵 吉良勢の待ち受ける吉良邸へ討ち入る

激闘――――

満身創痍ながら
四十七士 一人欠けることなく生還している

―――――――――が!

刃牙(「クサリカタビラ」…?)
(斬れてない…!?)

ガイア(斬られてない………ハズ!!!)

佐部(斬れてない………としてもだ…ッッ)

腹をおさえ、膝をつく本部

武蔵「ふむ」

ナレーション:
「防弾チョッキ」は 弾丸を通さない
―――だが

大型の銃を相手取った場合
弾丸 の侵入は防ぐも―――

その衝撃は凄まじく 人体は危険に晒される

武蔵「『鎖』を纏えば斬られない」

苦しそうな本部。

武蔵「果たしてそうか…?」

本部との闘いを思い出すジャック(俺のときも…)
(『特殊繊維』で作らせた上着を噛ませて―――)
(根こそぎ俺の歯を………ッッ)

武蔵「『峰打ち』での絶命は造作もない」
「木刀でも多数 命を絶っている」

息があがりつつも立ち上がり構える本部

武蔵「武蔵の打ち込み比類なし」
「鎖の布一枚で防ぐつもりか」

「見えとるわ」
「腕にも」
「脚にも」
「十分な『具足』が施してあるのだろう」

本部「悪いかよ……」

本部の腕へ刀を振りおろす武蔵。

武蔵「恥じるな 武士(もののふ) 本部以蔵」
「決着だ」

■重ね続けた本部の“武”。武蔵には届かず…!?

354: 2016年10月18日(火)
アラミド聖闘士やな

355: 2016年10月18日(火)
数少ない女性読者へのアピール回

358: 2016年10月18日(火)
すごく狭い層の受け、狙いすぎやで

359: 2016年10月18日(火)
本部は守護りたいなら、その鎖帷子を皆に配った方が早くない?

363: 2016年10月18日(火)
鎖帷子とか色々着込んでる割には本部の動きって早すぎなんだよな
たぶん作者はそこらへんのバランス考えないで描いていると思うが
能力を額面通りに受け取るなら素っ裸の本部は刃牙のゴキダッシュより早く動けるはず

379: 2016年10月18日(火)
>>363
鎧を脱いで神速の動きを見せる本部、あるよ!

382: 2016年10月18日(火)
本部はワープできる設定だから鎖帷子を着たくらいじゃ速度は落ちないよ

368: 2016年10月18日(火)
金重って切れ味は最悪だけど異常に頑丈だな
伝説の研無刀みたい

372: 2016年10月18日(火)
古流武術の武芸百般要素がまったくない

378: 2016年10月18日(火)
あれだけ色々接触したのに
本部が鎖帷子着てた事すら気づけ無かったのか?
弱体化しすぎだな武蔵

adcropsjs_params={“site_id”:13314,”type”:”rectangle”,”interval”:30,”rand”:0,”target_ad_area”:”adcrops_js_ad_area_474285742407″}

adcropsjs_params={“site_id”:13315,”type”:”rectangle”,”interval”:30,”rand”:0,”target_ad_area”:”adcrops_js_ad_area_474285742408″}

続きを読む

Source: アニはつ -アニメ発信場-