竹中平蔵「貧しい生活を望む人の人生観も尊重したい」

その他

takenakahei

1: 稼げる名無しさん 2016/10/29(土) 17:53:19.29

私自身が先日も驚いたのですが、例えばブラジル銀行東京支店のオペレーターに電話したら、
そのオペレーターは日本語を話せるのですがサンパウロにいるのです。
これでどういうことが起きるのか。つまり電話オペレーターの賃金はサンパウロを基準にしていいことになる。
もっと人件費の安いインドや中国でも日本語を話せるスタッフはいるでしょうから、
現地の賃金が基準になっていき、今まで存在していた先進国と発展途上国の賃金格差が、一定に収斂(しゅうれん)していくわけです。
ジャーナリストであるトーマス・フリードマンの著作『フラット化する世界』が指摘した現実は、まさに今日私たちに起きていることなのですね。

現在の生活水準を維持したいが、努力するのは嫌だという願いは無理な時代になりました。でも、私は思います。
人には自分の生き方を選ぶ自由があると。今までどおりに普通に仕事をしていて、
グローバル化やデジタル化によって生活水準が下がるのが当たり前の時代なら、
あくせくして高い水準なんか望まないという人生観も尊重したい。仕事観は人それぞれでもあるのですから。(談)
http://www.asakyu.com/column/?id=910

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 わかるようなわからないようなだお。
 でも何か釈然としない物が残るお。

yaruo_e_nanikore

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報