結婚式を控えたある日、彼母「料理の腕を見るから夕食を作りなさい」私「えっ(料理とかムリ…)」→鍋を作った結果・・・

生活

百年の恋も冷めた瞬間 Open 2年目

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427008714/
361: 名無しさん@おーぷん 2015/06/20(土)22:45:08 ID:7vF
ヒマだったので思い出しながら書いてみた。
すごく長いです。

百年の恋も冷めた・・・って、まさにソレ。
結婚するギリギリのところで破談にした。

彼の実家は田舎だったから形式に拘るところがあって
結納は両家の契約のようなものだからキチンとしなさいみたいに言われて、
うちの親もまぁ嫁ぎ先が望むならそうした方が後々いいのではと受け入れた。
まさかあんなすごい結納になるとは思わなかったから。
結納当日、先方が依頼したお仲人さんと共に赤いベルベットが貼られた大きな葛籠が運びこまれ、
我が家の8畳の和室に赤い布が敷かれて、その上になんかキンキラキンの結納品が次々並べられ、
(それぞれ正式な名称があると思うがわからんw)
先方の指示通りに振袖来て、横に正座してたら写真をバシャバシャ撮られたw
うちの両親は、それぞれ意味は分かってたみたいだけど
こんな本格的というか格式ばった結納は初めてだったらしくて
緊張のあまり父親なんか右手と右足が同時に前にでて歩いてたわw

続きを読む

Source: かぞくちゃんねる