【熊本地震】“震災ドロ”頻発に住民怒り!家財が散乱し「取られても分からない」

総合

震災

1: 記憶たどり。 ★ 2016/04/19(火) 08:07:51.87 _USER*.net


熊本県益城町は、どこを歩いても崩れた家屋だらけの風景が広がっていた。住民は崩れた我が家に恐る恐る近づき、複雑な表情で家財道具や貴重品を捜していた。

今にも崩れそうな家に向かう男性がいた。ゆがんだ玄関のサッシを外して入っていった。見ているこちらがヒヤヒヤした。

少し歩くと、自宅前に座り込んでいる男性がいた。陶芸家の野口文夫さん(77)で「貴重品や、使えるものは持ち出した」という。

だが「空き巣が頻発していると警察に聞き、こうして座っている」と話した。

ツイッターでは“震災ドロ”に関する投稿が複数あがっている。警察庁によると、県内では空き巣被害が急増しているという。不審者や不審車両の目撃も相次ぎ、住民の不安をあおっている。

野口さんは「みんな夜になれば、避難所や自家用車に移動する。何かなくなっても分からないよ」と話した。

2階が道路に崩れ落ちた自宅の前に立つ山崎なおみさん(54)は「看護師免許や保険の書類を捜しているけど、見つからない。どこにあるのかな」と肩を落としていた。

普段は避難所や自家用車の中で過ごし、明るいうちに自宅を訪れるという。足の不自由な母に頼まれた捜し物もあったといい「タンスの右にあると聞いたけど…」とガレキをかき分けたが、タンスそのものがなく「これじゃタンスの右も左もない」と困惑していた。

「空き巣に取られた物があっても分からない。大体困っている人の弱みをついて大切なものを盗むなんて、同じ人間のすることとは思えない」。いら立ちを隠さなかった。

≪16日から被害多く県警戒強める≫大地震に見舞われた熊本県の被災地で、避難者の留守宅などを狙った空き巣被害が相次いでいることが18日、熊本県警への取材で分かった。県警は警戒を強めるとともに「避難の際も戸締まりはきちんとして」と注意を呼び掛けている。

14日夜の地震発生から18日午前7時までに、窃盗の被害届が計6件寄せられた。住民の避難所などへの移動が本格化した16日から本格化したという。地域別には熊本市3件、大津町2件、益城町1件。現金計約80万円と貴金属や通帳、タブレット端末などが盗まれた。

ソース

7: 名無しさん@1周年 2016/04/19(火) 08:11:12.09
取られても分からない
取られてなくても分からない

警戒は必要だけど、まだあれが無くなったこれが無くなったと騒ぐには早いと思う

9: 名無しさん@1周年 2016/04/19(火) 08:11:46.62
盗まれてないのに盗まれたって言う人いそう
それで補償があるかは知らないけど

20: 名無しさん@1周年 2016/04/19(火) 08:13:58.53
>>9
まあ1割ぐらいは実際には勘違いとかあるだろうな。
あとでひょっこり出てきたとかそこらへんに転がってたとか。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461020871/


続きを読む

Source: ガールズVIPまとめ