コーヒー1杯に1400円、スタバが高級チェーンを立ち上げへ

ニュース

1 : 海江田三郎 ★ :2016/12/21(水) 09:10:34.59 ID:CAP_USER.net

http://forbesjapan.com/articles/detail/14659

先日退任が発表されたスターバックスのハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は今後、1杯12ドル(約1,400円)の高級コーヒーを提供する新規チェーンの立ち上げに取り組む予定だ。

「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」初の店舗は2年前、シアトルにオープンした。「コーヒーのシュライン(聖堂)」を自称する同店ではその場で焙煎された豆を使用し、全米から集められた選りすぐりのバリスタが入れるコーヒーが提供されている。サイフォン式コーヒーの値段は12オンス(約355ミリリットル)のカップ1杯で12ドルだ。

スターバックスは今後、このロースタリー(焙煎所)店舗を20~30店に拡大し、さらに店内焙煎を行わない
「スターバックス・リザーブ」ブランドの店舗を1,000か所で展開する計画だ。

このコンセプトについて考える時、筆者の頭に繰り返し浮かぶのは、クラフトカクテルラウンジとの共通点だ。本記事ではスタバの新たな高級チェーン計画の展望について、クラフトカクテルの世界と比較しながら考えてみる。

(続きはサイトで)
http://forbesjapan.com/articles/detail/14659


続きを読む

Source: まとめたニュース