ボディソープでゴシゴシ洗えるスマホ登場! 濡れた手での操作も可能 =京セラ

ニュース

1 : リバースパワースラム(宮城県)@\(^o^)/ :2017/01/11(水) 20:11:53.64 ID:1g+dh8v/0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

洗えるスマホ第2弾、ボディソープでも洗える「rafre」

京セラ製の「rafre(ラフレ)」(KYV40)は、防水性能を強化した“洗えるスマートフォン”。auの2017年春モデルとして、3月上旬以降に発売される。価格は4万3200円(税込、以下同)。毎月割は900円×24回(総額2万1600円)で、 実質負担額は2万1600円となる。

2015年12月に発売されたハンドソープで洗えるスマートフォン「DIGNO rafre」の後継機。引き続き、20~40代の“ママ世代”の女性をメインターゲットとしている。ターゲット層を明確にするため、機種名から「DIGNO」ブランドが外された。

「お風呂で使えるスマートフォン」とアピールし、泡ハンドソープだけでなく、泡ボディソープで本体を洗えるようになった。43度までの温水防水を備え、濡れた手での操作も可能。なお、温水への水没はサポート対象外。

また、「クックビュー」という、ジェスチャー機能を搭載する。前面に赤外線センサーを備え、かざした手の動きにあわせて、画面に直接、手を触れることなく操作できる。

クックビューのジェスチャー機能は、調理中の利用を想定しており、Chromeでレシピサイトなどの画面をスクロールしたり、タイマーを設定したりできる。着信時には、ハンズフリー応答にも利用可能。

本体に同梱される「クックビュー」の利用ガイドは折り紙になっており、折りたたむと「rafre」を立てかけられるスタンドとして利用できる。

時計アプリには「天気予報アラーム」を新搭載。アラームが鳴ったときに、その日の天気予報を読み上げる。支度に時間がかかる雨の日には指定した時間より早めにアラームを鳴らす「早起き機能」も備える。降水確率が50%以上の場合に動作し、設定により15分~60分早めることができる。

このほか、ブルーライトカット機能を搭載する。

★その他の仕様や画像はソースを参照願います

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1038325.html


続きを読む

Source: まとめたニュース