バラバラ死体のツイッターアカウントを更新していた高校生を書類送検

ニュース

1 : イス攻撃(秋田県)@\(^o^)/ [sage] :2017/01/12(木) 16:02:02.94 ID:UJC7lK2N0.net BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典

千葉・酒々井町で2016年に起きた殺人・死体損壊事件の被害者の男性になりすまし、ツイッターを30回以上更新していた定時制高校の男子生徒が、書類送検された。
書類送検されたのは、千葉・木更津市の定時制高校の男子生徒(20)で、2016年に酒々井町で起きた殺人・死体損壊事件の被害者・竹内 諒さん(当時21)のツイッターに、竹内さんが殺害されたあと、不正にアクセスした疑いが持たれている。
男子生徒は、ニュースで事件に興味を持って、竹内さんのアカウントに不正アクセスを繰り返し、本人になりすまして、「復活した」などと31回にわたり、更新していた。
調べに対して、「自分のコンピューター知識を認められたかった。亡くなった人のツイッターに不正アクセスすれば、注目が集まると思った」と容疑を認めているという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00346776.html


続きを読む

Source: まとめたニュース